MENU

大阪市包茎治療クリニック人気ランキング

包茎には、真性包茎と仮性包茎とがあります。仮性包茎とは、通常時は亀頭が包皮に覆われているが、勃起時や少し皮を引っ張れば痛みを伴わずに簡単に亀頭を露出することができる状態のことを言います。それに対して真性包茎は、皮を引っ張ったりしても亀頭を露出することができない場合のことを言います。真性包茎で亀頭が露出できない理由は、包皮の開口部分が小さくて亀頭が出てこない場合や、亀頭と包皮が癒着している場合があります。この亀頭を露出できないというところが、包茎である最大の問題点です。亀頭が露出できないと、亀頭の成長を阻んでしまい、亀頭が小さいままになってしまう。勃起をした状態でも常に皮をかぶっているため、射精した際に精子がきちんと出てこないことから、不妊の原因になったりもします。仮性包茎やカントン包茎の方に共通して起こる問題が、亀頭が包皮に覆われているために、包皮の中にゴミがたまり、そこから雑菌が繁殖して、悪臭につながったり性病を引き起こす可能性があるという、衛生面での問題点です。しかし、それ以上に、真性包茎には深刻な問題があります。それは、真性包茎の場合、亀頭を露出することができないため、ペニスの成長が妨げられて、亀頭が小さい先細りな形になったり、短いペニスになったりしてしまいます。また亀頭部分に炎症を繰り返してしまうと、包皮が亀頭にくっついてしまうことも考えられます。真性包茎は、治療を行う際には医療保険も適用されることから、治療が必要とされる症状です。大阪にお住まいの男性で心当たりのある方は、早めにクリニックを訪れて、医師に相談してみると良いでしょう。

 

包茎手術 札幌 包茎手術 新宿